くわちゃんの独り言

音楽や映画が大好きな爺さん。長年の経験から知りえたことを発信します。

明日は我が身

パラレル東京 検証被災の連鎖

この間からNHKでやっていた東京直下の地震のドラマ。 かなりショッキングな内容だったので、今でも反響はとても大きいけれど。 実は、あのドラマで描かれていたのは地震が発生してからの最初の四日間。 この四日間が経った後の物語が検証として番組で紹介さ…

パラレル東京 ドラマの流れを振り返ってみる。

昨日で四日間のドラマ仕立てが終わったんだけれど。 かなりショッキングな内容で、しかも脚色もあまり手心を加えずに、きつい印象の内容もはぐらかすことなく描いていた。 これだけの日数と時間をかけてわざわざ訴えたかったこと。 それは行って見れば“注意…

パラレル東京 あえてシリアスな表現をとった理由

ここ三日間ずっと継続してきたこの番組の視聴。 東京直下で起きた大地震についてのフィクションの番組だが、ドラマと解説の二本立てで出来上がっている。 特にドラマが、描き方が相当えぐいなとは思っていたが、控えめな表現を使うことなくあえてリアリティ…

東京都直下地震シミレーション 恐怖は簡単には終わらない

昨日アップしたブログの続きが既にもう番組として放送されているので、そのエグさは半端でないとは思っていたが、だんだんその凄みを増している。 特に思い出すのは『阪神淡路大震災』と『311の東北大震災』 元に戻るのに一体どれだけの年月がかかっただろう…

もし起こればマジでやばい 東京直下大地震

実は、昨日からNHKで始まっているパラレル東京を見ている人はいますかね。 ドラマ仕立ての部分と解説の部分と合わせて東京に地震が起こった場合を想定して物語を進めている。 もちろん当てずっぽうに情報を出しているのではなく、きちんとした防災計画に基づ…

離婚ではない卒婚 最近の夫婦事情

ネットでもよく見かけるし、テレビでもやるようになった“卒婚”と呼ばれる状態の特集。 夫婦が分かれることを“離婚” これは経験したものならわかるが、それなりにエネルギーを必要とする。 夫婦仲がある程度悪くなると、昔から言われていたのは“家庭内別居” …

本当は魚が大好き でも普段はほとんど肉ばっかり食べる

今週のお題「いい肉」 還暦過ぎまで生きてきているので、とにかくいろんなものを食べてきた。 子供の頃から、父親が趣味の釣りで釣ってきた魚を普通に食べていた。 高級魚の“アイナメ”はごく普通に焼き魚とか刺身で食べていた記憶が。 また素潜りが得意だっ…

追悼ク・ハラ 韓国のネット中傷は対岸の火事でいいのかな?

最近のネットのニュースでは取り上げられないことのないこの事件。 韓国の人気アイドルタレント“ク・ハラ”がどうやら自殺したらしい。調べてみたら彼女はまだ28歳。 まだこれからいかようにも人生を演出できたはず。 彼女がこんな生き方しか選べなかったいろ…

高齢者の医療費負担の見通し

今の医療制度だと75歳以上の人は、“後期高齢者”と言って窓口の医療費負担は基本的には1割とされているが、どうやらその辺のところに見直しが入るようだ。 つまり、今1割のものも、これから先は2割負担でどうでしょうって話。 この手の話では、ウンもスンもな…

MDMAをめぐる意外な噂

最近もっぱらニュースで持ちきりの沢尻エリカ。 彼女が合成麻薬を所持していたとして逮捕されてから10日以上が経ったが。 彼女の身辺については様々なニュースやらネットの情報などで、散々入ってくるので今更コメントすることもない。 女優としての彼女の才…

紅葉の思い出 40年前をさかのぼってみると

今週のお題「紅葉」 実は、昭和54年、私はとある木材会社に勤めることになった。 北海道の田舎なんだけど、その会社はヤマハの下請け工場との触れ込みで、ピアノの主要な部品の材料を収めていた。 今更だが、ピアノは思いのほか木材加工品の要素が強い。 特…

今日のおさらい フレイルとロコモ

今日と明日は、介護相談専門員の勉強会で札幌出張。 知っていることもそれなりにあったが、これは知っておいたほうがいいなと思うこともいっぱいあったので、披露できる範囲でちょっとまとめてみることに。 基本、高齢者を対象とした勉強会なのでそういった…

うつ病をめぐる切ない事情

いつもテレビを見ているが、最近はなぜかうつ病の特集が多かったような気がする。 私自身はなったこともないし、あまり関わりがないと思いつつも、知り合いの中にはそれなりに苦しんでいた人もいるし、亡くなられた方もいるので、改めて調べ直してみることに…

三島由紀夫的美意識 死生観を考察してみる

どうしてもブログで取り上げたかった人物が、『三島由紀夫』 彼の思い出は私が中学3年、つまり昭和43年の頃にさかのぼる。 その時、私が好意を抱いていた同い年の女子生徒が、私に尋ねたのだ。 『三島由紀夫を知っている?』 『いや知らない』と私。 『すごく…

ほぼニートだった若かりしころ

お題「わたしの黒歴史」 実は、内緒にしてきたわけでは無いのだが、私にはそれなりに暗かった過去がある。 高校を卒業した後、実は、大学を受験してうまい具合に合格したのはいいが、1年ほどはまともに行ったのだが、2年目以降はほとんど行くこともなく、3年…

映画エクソシストとカソリックのエクソシズム

およそ47年前になるが、映画エクソシストはずいぶんヒットしたと思う。 私も映画館に行ってみたが、かなり怖い思いをした記憶が。 基本、ホラー映画の真骨頂みたいな映画で、恐怖のシーンが連続するのと、少しずつ描かれ方がエスカレートしていくあの独特の…

そういえば流行ったことがあった ばっかり食べるダイエット

りんごダイエットとか、バナナダイエットとか1時ずいぶん流行ったことが。 最近あまりそんな話を聞かないけど、実際はどんなものだったのかな? 自分が体重オーバーしていると思う人はかなりの人数いるので、ダイエットは世相として普通のことになっているの…

今更だけど睡眠不足を考える 睡眠負債を抱えないために

睡眠不足に悩む人は多いだろう。 また世間でよく言われるのは、睡眠の質。 質より量ではない。そして量より質とも言い難い。 睡眠に限って言えば、適度な睡眠で体調が健全に維持されなければ、それは1度見直しが必要なのかもしれない。 お名前.com 目次 睡眠…

禁煙に至るきっかけ

19の頃から吸い始めたタバコ。 29歳までさんざん吸って、そこから禁煙してみて37年が経つ。 何気ないきっかけで止めたタバコ。 いい加減でテキトーな私がなぜ止められたのだろうか。 ずいぶん時間も経ったことなので振り返ってみることに。 お名前.com 目次 …

ips 細胞の山中伸弥教授からのメッセージを受け止める

たまたま見かけたNHKの番組。 「100年インタビュー山中伸弥」 もともと科学や哲学などの題材が大好きだったので、とても興味深く拝見。 ips 細胞を作ったことで“ノーベル賞”を受賞した山中先生。 この研究を始めた頃から、生命倫理のことでノイローゼになる…

猛威を振った台風19号

テレビのニュースで毎日確認しているが、今回 襲ってきた台風19号。 今までも散々凄い台風は来たことがあるが、今回の台風は少し規模が違ったような。 いまだに正確な数字は確認できていない状況。 死亡者がこのブログをアップしている段階で、73名の方が亡…

一久さん(高畑勲)が12年後に作った “蛍の墓”ってこんな作品

昨日、“なつぞら”が終わって、物語の最後の方でなつと一久さんが12年後に作る、“戦争を生き抜いた少年少女の物語”って、高畑勲が監督した1988年公開の「蛍の墓」 原作野坂昭如で、1967年の直木賞を受賞した小説。 はるか昔だが、オリジナルのこの作品を読ん…

さようなら逆鉾 井筒親方死去に思う

ネットのニュースを見ていたら思いがけない訃報が。 かつて関脇“逆鉾”として相撲を大いににぎわせていた名物力士が、膵臓癌のために亡くなったとのこと。 まだ58歳。 驚くほど若い。 決して体の大きい力士ではなかったが、とにかく前さばきのうまいこと、早…

老人になってみて何か変わったか?

今週のお題「理想の老後」 実は昔から憧れていたことがある。 歳をとって、どこかの海辺で夕日を眺めてそこで感想を述べる。 間抜けな話だが、セリフも決まっている。 「…何もかもが美しい…」 多分、映画か何かで見たお年寄りのセリフにこんなのがあったはず…

スーパーボランティア小畠春雄さんと渋沢栄一の共通点

スーパーボランティアとして全国的に知名度の小畠春雄さん。 防災の日に特別賞か何かの受賞の案内があったらしいんだけど、九州の大雨の佐賀県でのボランティアの方が大切だと、出席はお断りとのメッセージ。 よく言われるんだけど、自分にとって何が1番大切…

あまりなじみのなかった言葉 集団免疫

たまたま見かけたテレビで風疹の話が出ていたんだけど、45歳から 57歳までの男性を対象に風疹の抗体検査を受けるお誘いの案内が届いているんだそう。 実はこの年齢の方たちは、風疹の免疫を持っている方たちが8割程度しかいないんだそうですよ。 風疹は知っ…

9月1日 防災の日をもう一度考える

奇しくも今日は210日で防災の日。 日本の風土を考えると災害は避けて通れない。 その中でも私自身が経験したいくつかの災害について考えてみたい。 北海道のほぼ真ん中に位置する私の地域は、地震が驚くほど少ないのでよく知られる。 たまに地震があったりす…

もう1人のパブロ スペインのチェリストカザルス

昨日、スペインの画家ピカソについて記事を書いてみた。 実は、スペインではお馴染みの名前のパブロは、ピカソ以外にももう1人同じ時代を生きた有名な音楽家が1人いたのだ。 名前を「パブロカザルス」。 チェリストとして勇名を馳せていたが、指揮者としても…

思いがけず手に入ったマイカー

今週のお題「わたしと乗り物」 大学在学中に運転免許を取得している。 私の車の運転歴は、ほぼ半世紀になろうとしている。 持っているのは普通免許なので当然大型車とか特殊車両は運転してはいけないのだが、かつて若い頃勤めていた会社は道路のメンテナンス…

太平洋戦争 神風特攻隊の記憶

この8月に入ってから8月15日の終戦記念日を意識して、戦争に関わる様々なブログをアップしてきた。 私の中でどうしても外すことのできない記憶。 それは昭和19年から始まった神風(しんぷう)特攻と呼ばれる およそ考えられないような攻撃方法。 どうしてこの…