くわちゃんの独り言

音楽や映画が大好きな爺さん。長年の経験から知りえたことを発信します。

高齢者が健康でいなければならないいくつかの理由

 

 

あまり考えたくはないが高齢になると健康でいる事は難しくなる

f:id:kuwa3972:20190324164402g:plain

一人暮らしも多いんです

目次

 

歳をとってから健康を保つことが難しくなるのはなぜなのか。

必ずしも全員では無いですが、たいていの人はいくつかのトラブルを身体に抱えることになるようです。

トラブルの内容は人にもよりますが大きく分けるとあまり症状の出ない体の中の症状と体の外側に出ている腕足腰などの骨格や筋肉系の2つに分けられるようです。

体の中のものと言うと、例えばメタボリックに代表されるような糖尿病や高血圧、脂質の異常やコレステロール関係の数値の問題が挙げられますね。

ここら辺のトラブルは、大抵の場合健康診断で指摘されることが多いです。

そのほとんどは症状がなく無症状なもので、異常を指摘されても痛くもない腹を探られている気持ちがあってあまりいい気はしないものです。

体の外側の運動系のトラブルは症状が歴然と出るので、なかなか厳しく辛かったりするのです。

五十肩のようなものも多いですが最近では膝関係にトラブルを抱える人が多い気がします。

これらの2つに分けられるトラブルは年齢とともに多くなる傾向がありますね。

長生きできそうでできにくい理由

f:id:kuwa3972:20190324164613j:plain

健康面での不安はどうしても多くなります

実は肉体的な衰えは20代過ぎると始まっているらしいのですが、それを自覚する人はほとんどいないでしょう。

自分自身が元気で健康であると思う認識は歳をとっても変わらないものです。

実際は衰えているにもかかわらず、気持ちは若いときの熱意のようなものがそのまま持続していて、それゆえに心と体の中に大きなギャップが生じているようなんですね。

歳をとって健康でいることが難しくなる理由の最大のものがここにあると言っても過言ではありません。

高齢になっても自分自身の感覚は若い状態を維持しているようなんですね。

無理はできないと思いつつ、若い感覚で様々な事柄に取り組むのですが、思うに1番考えなければいけないのは、食事だろうと思うのです。

多少は自分自身の食べ物の好みが変わってくることを意識しつつも若い時と同じような食欲は大抵の場合維持してしまうことが多い。

いろいろ調べてみても、若い頃と同じような食事では、逆に健康を害することが多いはず。歳をとってもそこら辺のところがなかなかリニューアルできないんですね。

私自身も胸に手を当てて考えてみると、食事の量は確かに減ってはいますが、食欲自体は変わらない気がします。

また明らかに能力的に劣ってきているのに、夢や希望等はそれほど衰えることがないので、普通に何かをしようとしている自分に気がつきますね。

こういった自分自身の現状をきちんと理解しないまま若い感覚をそのまま継続していると結局のところは健康を害することになるようですね。

高齢者は大抵の場合、若い頃からそれなりに無理をしたり頑張ったりをして今現在に至っているのですね。

本当は少しゆっくりする、リフレッシュする時間が必要であるにもかかわらず、そのようなことをなしにズルズルと生活を続けて現在の状況があるようです。

自分自身が気がつかない状況で、気持ちと肉体的なバランスの大きな崩れが生じているようなのです。

高齢者が健康でいられない大きな理由はここにあると言っていいでしょう。

若い頃からバランスを心がけてきちんと生活してきた人は歳をとってからもそれほど健康を害するようなことにはならないようです。

ただし、周りの人を見てもそのような健全な人はむしろ少数派と言っていい。

ほとんどは必ずと言っていいほどなにがしかの異常を体の中に生じていて、定期的に病院に通う人が圧倒的に多いと言えるでしょう。

医療費がかさむこと

f:id:kuwa3972:20190324164651j:plain

医療費のおよそ4割は高齢者向け

実は高齢者になってみてよくわかることですが定期的に病院へ行くことが多いと思います。当然医療費がかかるわけですね。

調べてみると日本の国の医療費の総額のおよそ4割ほどは高齢者医療に費やされているようですね。

医療費がかかるから医者へは行かずにほっておけと言うことにはならないので、どんな形でもきちんと治療を受けて、病院へ通うことに。

もし病院へ行っても、処方される薬を最低限に済ますことができれば、医療費は大きく節約できることに。

医療費の節約は、強く感じるのは個人レベルでそれなりに努力をして健康取り戻そうとする心意気ですね。

国や地方自治体から節約ありきで医療費の削減や、様々な支援や援助を削除することでは無いはずです。

どうしてもかさむ医療費に目がいって、その費用をなんとしても減らす。そこのところに注目する傾向がありますが、お金だけを切り取って考えれば高齢者の現状を見捨てることになりますね。

高齢者の場合、収入も少なくなり、年金で暮らす人が多いので、できることならば医療費をギリギリまで減らしたいのは山々です。

高齢者にとっては、医療費も含めた生活費が死活問題と言っていいのです。

ここのところをしっかりと認識せずにいたずらに政策を打ち出してみても、高齢者の側から見ると何かを押し付けられる気がしてなかなか積極的に健康維持に取り組む気持ちが起こって来ません。

暮らしてみて大切だなと思うのは、生活に対する生き生きさ加減、前向きに物事に取り組めるポジティブな気持ち。この辺がとても大切だと身に染みて理解してます。

まさか姥捨て山? 

f:id:kuwa3972:20190324164740g:plain

こうして見てみると地方自治体から負担する金額が医療費の半分を占めています。

そして65歳から74歳までの人たちが4割ほど負担してますね。

この人たちもそのほとんどが年金世代なので、大きな負担を要求されても厳しいと言わざるをえません。

お金が払えないのなら、そんな事は基本ないのですが、高齢者はある程度の年齢になったならば医療費を削減する意味でも、 お金がかかりそうな事は極力控えるようなことを要求されるようになるかもしれません。

こういった考え方や捉え方は、社会的に見ても誤りだとは言えるのですが、風潮としてはそういった流れが出てくることも否めません。

言葉はとても悪いですが厄介払いと言う事ですね。

「楢山節考」と言う映画がありました。姥捨て山の話ですね。

高齢者になってみて、そのようなことを恥ずかしながら時々は考えてしまいます。

まとめ

f:id:kuwa3972:20190324164808j:plain

役所の窓口ではたっぷり待たされるでしょう

実は昨年末に65歳を迎えたので、私も基本的には年金で暮らさなければいけなくなりました。

市役所からまず来るのは介護保険証と、今までとは全く違う金額での介護保険料の請求。今までの健康保険はもちろん払ってはいるのですがそれとは全く別立てで請求されます。

年金だけの生活だと人にもよりますが、収入は現役時代の半分以下になる事が普通に起こります。 

収入は減るにもかかわらず医療費に関わる保険料その他はむしろアップしていくようですね。

そしてご多分にもれず毎月病院に通う状況にもあるんです。

私の場合、過去に大きな病気をしたこともあって毎月の病院代は 8000円から10,000円ほどかかります。

私自身の自分自身の管理不行届きから招いた結果なので、自業自得と言えばそれまでですが、今後の生活を大きく圧迫するのは言うまでもないんですね。

今の段階では、簡単に医療費の削減などできっこないと思うので、渋々ですが自分自身の個人的な努力で病状改善のための行動を起こすしかないようです。

はっきり言って自分自身の体の事なので、誰かから何を言われようともどうって事は無いのですが、もし我が身に何かあったときには誰かに大きく迷惑をかけることがわたし的にはどうしても納得できないもので、それ故の健康管理ですね。

長く生きてくると、自分自身だけで生きているのでは無いと痛烈に自覚しているので、人に迷惑をかけたくないことが強く意識されるのです。

また罪滅ぼしのつもりで、ボランティア活動にも参加しているのが実情ですね。

いまさらなんですが、歳をとってから特に大切に考えていることが1つあります。

それは情報をきちんと取り入れること。可能な限り周りとコミニュケーションをとること。

何の気なしにこのことをいつも意識するようになりました。

やはり1人ではどうしても無理があるのと、1人でポジティブな気持ちを維持する事はとても大変なことを理解しているからですね。

私がこのようにインターネットで記事をアップするのも、このような理由からになります。

歳をとっても明るく朗らかに生きることができる。

これからの私の人生の一大目標と言っていいです。

私と同じように考え、同じように感じる人は必ずたくさんいるものと思っています。

もしご意見や感想などいただければさらにそれぞれの人生が味わい深いものになると思っているこのごろです。