くわちゃんの独り言

音楽や映画が大好きな爺さん。長年の経験から知りえたことを発信します。

思い切って免許返納を考えてみる

 

高齢者と交通事故の関係

f:id:kuwa3972:20190421161023j:plain

ついこの間起こった高齢者の事故 免許返納しておくべきでしたね

 

目次

 

この事故を起こしたのは87歳のおじいちゃん。ご夫婦と2人で乗っていた自家用車で、推定だが運転中にパニックを起こし、暴走したと思われる。

本人はアクセルが戻らなくなったとの報告をしているが、車を調べたところでは異常は無いとの事。

この重大事故の前に、すでにガードレールに擦ったりして、また人も跳ねて 事故を起こしており、その結果パニックに陥ったと推定される。

もともと免許を返納したい旨を意思表示していたらしいが、ずるずると運転を続けていたようだ。

こういった事故が起こるたびに思う。

長い人生だからいろいろなことがあるだろうが、取り返しがつかないことが起こってからでは遅い。

やはり、事故が想定されるのであれば、自ら大ナタを振って運転しない意思表示をすべきなんでしょう。

残念な事故だったのと同時に、すでに65歳を超えた私にとっても人ごととは思えないので、いくつか調べてみてまとめてみたいと思うのです。

若い時とは大きく変わるはず(運転の感覚)

f:id:kuwa3972:20190421161103p:plain

個人的にこのマークをつけてまで運転はしたくないと思う

年齢による感覚の劣化は如何しがたいはず。

若いときには軽々できたことも、歳をとればだんだんと難しくなるのは世のならい。

運転そのものは、レーシングカーをコントロールするのではないので何とか務まるにしても、問題は運転する最中の情報を収集する力ですね。

実はこの目には見えない感覚が随分と衰えるようなのです。

単純に、とっさの時の回避行動とか、ブレーキとか、何かのきっかけで自分の能力に気がつくことがあるのです。

昔はできても今はできない可能性が 

運転をするときには、大抵、前を向いていれば何とかなる事は多いですが、実際問題としては後にも気を配らなければいけないし、当然横方向にも注意を払わなければいけません。

感覚は、年齢とともに劣化していくと覚悟しなければいけません。

個人的な感覚になりますが、私は運転するときにバックミラーに映る景色にもある程度注意を払う癖があるのですが、この10年程度は昔ほどの注意力は払えていない気がします。

後ろからクラクションを鳴らされたりヘッドライトでパッシングされたりなど、普通ではありえないのですが、この何年間かで1、2度経験が。

それは残念ながら、取り締まりにあったときの経験です。

パトカーが後についているのに気がつかなかったことが1度あるんです。

少なくとも30代位までならば、あり得なかったことなのですが、やはり歳のせいでしょうか、ついうっかり気がつかなかったと言う事。

その時に痛感しましたね。

自分の感覚は明らかに衰えてきているなと。

安全運転していればそんな事は関係ないと言う向きは多いでしょう。

しかし普段、タウンユースで運転していると、周りの交通の邪魔になるようなノロノロ運転は本意ではありません。

どうしてもある程度てきぱき運転したい気持ちがあるわけです。

しかしながら自分の気持ちを優先させて、思い通りのことをしていればいずれ足をすくわれる可能性が。

そうなってからでは絶対に遅いので。

免許返納のデメリットとは

f:id:kuwa3972:20190421161326j:plain

楽しみが減るかも

車の運転を自分自身のレジャーに特化している人は多いでしょう。

キャンピングカーなどもとても人気なのでその気持ちはよくわかりますね。

免許をなくしてしまえば、運転に関わること一切ができなくなるわけです。

私など北海道の田舎に住んでいるので、車なしだと全く身動き取れないと言っていいのです。

それを踏まえて免許返納の覚悟を決めねばなりません。

タウンユースで、リアルタイムで運転できるその利便性は、何物にも変えがたいものがありますね。

自分自身の自由を自ら剥奪するわけだから、思い切った決断が必要でしょう。

ちなみにアメリカなどでは、高齢者がある程度重大な事故を起こしても免許を取り上げるまでのペナルティーは課さないと聞いています。 

それはアメリカのお国柄が関係しますね。

アメリカの田舎のほうに行くと車がない事はつまり生きていけないことと同じと解釈されるんだそうですよ。

必要不可欠なアイテムとされています。

免許を返納させて運転できなくする事は、生存権を著しく侵害することと認識されているようです。

日本ではそこまではいかないでしょう。

免許を返納するメリット

f:id:kuwa3972:20190421161402j:plain

各地方自治体によって異なりますが特典が用意されてますね

免許を保持し車を所有することによる経費はかなり高額 

 免許の更新費用はそれほどお高い感じはしませんが、問題は車を維持する費用です。

年金暮らしになった私など、車の維持費だけで莫大な予算がかかっていますよね。

まず2年に1度車検があるので、その時の費用が私の場合でおよそ15万円。また、もうすぐ税金がやってきますが、これが古い車なのでかなり高額です。年間で4万5千円ほど。

と同時に車の任意保険がもうじきです。車両保険を外して丸裸の状態で1番割安な等級でも、3万円弱。

このほかにガソリン代がかかるんです。

運転の仕方にもよりますが、月に5000円では厳しいかな?

今の場合私は仕事でどうしても使う部分があるので、月に数回は車がどうしても必要なわけですね。

そうでなければ、私のような田舎でも、公共交通機関を使うこととか、タクシーを使うこととかすれば、車を維持する費用と天秤にかけてみれば、多分工夫すれば安上がりになるんじゃないでしょうかね。

とにかく1番のメリットは、お金がかからなくなります。

また車を利用しなくなることによって、自分自身の生活を見直すことになり、人にもよると思うのですが自転車などを利用する機会が増えるので、健康にも多少は貢献するものと思いますね。

行政での支えに期待すること

f:id:kuwa3972:20190421161457j:plain

自分から意思表示をして返納すること

免許を返納すると、たいていは警察に行ったり免許センターに行ったりで手続きをするのですが、いくつかの行政機関のサポートが受けられるようになっているはずです。

大抵の場合は、バスの割引券など、お金に関する補助が多いはずです。

面倒くさがらずに、大いに利用すべきなんですね。

事故を起こした場合の莫大な損害を考えれば、あらかじめの投資などわずかな金額です。

行政もそれなりに力を入れて補助事業に取り組んでいるようですよ。 

まとめ

f:id:kuwa3972:20190421161544j:plain

返納率の割合

地元北海道警察でも案内があります。

www.police.pref.hokkaido.lg.jp

北海道在住の私の場合、このようなサイトを利用して自主返納の手続きをすることになると思うのですが。

私が考えているのは75歳になるまでには免許をお返ししたい。

つまり後期高齢者です。その年齢になっても運転をしなければいけない理由は自ら却下すべきだと考えているからです。

高齢者には高齢者なりの暮らし向きがあると自覚しなければいけません。

 85歳を過ぎて90歳を過ぎても運転し続ける無責任さ。

正直言ってそこら辺の無神経な感覚を私は非難する気持ちがありますね。

絶対まともなものになんかなっていませんので。

よく聞く、高速道路の逆走とか、ほとんどが高齢者が起こしているではないですか。

そこまで狂った感覚で運転などしては絶対にいけないわけですね。

運転をしなくても充分生活していける、そのようなマインドに基づいて前向きに生きなければなりません。

今回の事故を受けて、本当に残念な気持ちになるとともに、これは間違いなく明日は我が身なのだと、自分自身への厳しい戒めと受け止めました。

記事を読む方の参考にしていただければ幸いです。