くわちゃんの独り言

音楽や映画が大好きな爺さん。長年の経験から知りえたことを発信します。

清原伽耶の時代劇 評判はいかに

 

 NHKがここ最近イチオシの女優さんの彼女

清原伽耶さん。

順風満帆で女優業を歩んでいるが、どれほどの評判なのかを知るには、やはり作品を見るのが1番。

今BSで放送されている時代劇 「蛍草 菜々の剣」

これで、2回ほど見せていただいた。

なるほど、久しく見なかった本格的な女優さんかも。

お名前.com

 目次

f:id:kuwa3972:20190804111348j:plain

番組ポスター

作家  葉室麟

f:id:kuwa3972:20190804112101j:plain

葉室麟わずか66歳で死去

調べてみるとこの方が原作。

葉室さんは50歳を過ぎてから本格的に作家活動を始めたとあった。

若い頃から様々な文学に親しんだんだろう。

特に時代劇の作品が多いが、私の中の印象では、時代劇は素人が付け焼き刃で挑んでも全く歯がたたないと思う。 

難しい点はいろいろあるが、まず第一に

  • 正確な時代考証ができること
  • 時代劇に即したセリフ回しに熟知していること
  • 歴史に興味を持っていること
  • 物語を生み出すクリエイティブさがあること

少なくともこれだけのものがあらかじめ備わっていなければ、何も生み出すことにはならない。

葉室さんの有名な作品と言えばこちらになる。

ja.m.wikipedia.org

“蜩ノ記 ”私も映画で鑑賞したことがあって、非常に奥行きのある時代劇の印象だった。

 主役をを演じた岡田准一、役所広司の重厚な演技を見るにつけやはり時代劇は値打ちがあるなと感心することしきり。

この作品を書いた頃の葉室さんは50代後半から60代にかけて。

この作品で直木賞を受賞している。

今回の“蛍草菜々の剣”は女性を主人公にした時代劇。

それも16歳の少女が主人公。

いかにもと思ってしまう。

【BROOK'S かんたん ぬか美人】

女優清原伽耶

f:id:kuwa3972:20190804112216p:plain
f:id:kuwa3972:20190804112240j:plain
ともに朝ドラ出演 これ見たらみんな納得

女優清原伽耶さんは朝ドラで女優デビューしている。

最初の作品は“朝が来た”

この作品で女中の役をやっていた。

しかも、旦那様のお妾さんの候補として 雇われた事情があって、少女には少し重たい役柄だったが、熱演して高評価。

彼女の出たエピソードはこの朝ドラのスピンオフドラマとしても別口で作られることに。

巷で言われているのは“NHKの秘蔵っ子”

確かに大事にされている感がある。

今やっている“なつぞら”でもなつの妹“千遥”を演じている。

つい最近の話なので、記憶に新しい。

そして、あちこちで注目を浴びることになって、彼女の様々なこだわりも紹介されることに。

女優として驚くほどのストイックさが紹介されていた。

長年生き別れになっていた、兄咲太郎や姉なつの声を演技をする前に聞いてしまったのではリアリティーがなくなるとのことで、直前まで広瀬すずなどと会わないように配慮してもらっていたと聞く。

つまり、演技の中で初めて声を聞いてその印象をもとに演じたいと。

このようなこだわりは、朝ドラレベルでやることではない。

映画を撮影するときはこれぐらいのこだわりを持つ監督や俳優は多いのだが。

役柄に取り組むストイックさが今の彼女を1番よく表しているかも。

CMで話題!新睡眠対策サプリ【アラプラス 深い眠り】

時代劇の面白さ

f:id:kuwa3972:20190804113954j:plain
f:id:kuwa3972:20190804114008j:plain
魅力はいくつかあるけれどとりあえずは衣装とセリフ回しに注目

時代劇は日本のものに限ったことでは無いのだが、とりあえずここでは日本の時代劇を語りたい。

時代劇の1番の魅力は、その“いでたち”にあると言える。

俳優たちが来ている衣装。

周りの様々なセット、小道具たち。

次に挙げられるのが、出演している俳優たちのセリフ回しである。

これによって時代が分かる。

このような脚本をこしらえるためには、なんといっても経験値がものを言う。

実際に、1度2度やってみなければわからないことだらけだろう。

さて今回拝見した時代劇は全部で7回シリーズの2回までが終わっただけ。

あと5回、控えている。

ドラマの最後にエンドロールが流れるのだが、そのバックで女性の鼻歌とおぼしきメロディーが流れる。

調べてみたところこれは清原伽耶さん本人の歌声とのこと。

上手い下手はよくわからないが、ドラマの主役を演じていることへのサービスだろうか。

 NHKの粋な配慮を感じる。

数は少ないが時代劇の中にも見ごたえのある素晴らしい作品はたくさん。

いくつか記憶に残っているものもあるが、最近見た映画の中では、“関ヶ原”が面白かったような気がする。

思うのだが、時代劇を作るときにはいくつもの約束事があって、気の抜けない撮影が続く気がする。

どんな映画でも手抜きもごまかしも許されないとは思うが、時代劇は特にその度合いが強いのではないか。

しかし、苦労して出来上がっている分、時代劇にははずれの作品は少ないのかも。