くわちゃんの独り言

音楽や映画が大好きな爺さん。長年の経験から知りえたことを発信します。

ラピュタ以外の大好きジブリ 【豚さん】

 

初めて天空の城ラピュタを見てからジブリのファンになった私。

アニメーションて、こんなことができるんだと教えてくれたのがここジブリ。

で、わざわざ映画館にまで足を運んでみたのが「紅の豚」

この作品もテレビでコマーシャルを見ていて、どうしても見たいなと。

まだシネコンなどの大きな映画館がなかった頃、隣町まで行って見た記憶が。

目次

f:id:kuwa3972:20190831194016j:plain

ジブリの特徴 空気感が伝わる

自らを魔法で豚に変えたパイロットの話し

f:id:kuwa3972:20190831194258j:plain

酒場にて 見事に絵になっている

この頃1915〜6年のイタリアでの話が、この作品の時代背景。

主人公のポルコはもともとはイタリア空軍のパイロット。

戦争では撃墜王でならしたが、今は賞金稼ぎとしてのパイロット。

世の中に対しては距離をおきたいようで、人間から豚に自ら姿を変えたようだ。

実はこういった動物のような人間のような不思議なキャラクターが、普通に作品の中で語られることが見ればわかるが、まるで違和感がない。

ジブリ作品の大きな特徴だが、ちょっと興味を持って作品を見れば、そこで提案された世界の中にどっぷりと浸ることができる。

人間の形をした豚なんて普通はありえないのだが、アニメーションらしく、ありえないことをもっともらしく語れる。

ポルコは自分が愛用していた飛行機を著しく破損してしまい、新しい飛行機を作るため、昔なじみの知り合いを訪ねて、物語はそこから始まる。

時代背景から考えると、第一次世界大戦で勝利したイタリアは、勝利の栄光もほぼなく、すでにファシスト政権が誕生していた。

その結果、秘密警察のような非合法な活動をする輩が町中に闊歩していたのだ。

物語は、その秘密警察から巧みに逃れながら自分の生き様を貫こうとするポルコの話し。

時代は第一次世界大戦が終わった後

f:id:kuwa3972:20190831194344j:plain

少女フィオが設計したカスタム仕様の飛行機

宮崎駿の作品なので、原作から監督に至るまで、全て彼1人で行っていたようだ。

彼の作品の中で感じるのは、その時その時の画面から出てくる空気とか気温とか、あるいは匂いなど。

本来見えないものが、微妙に感じられるところが彼のアニメの凄いところ。

この作品の主要なテーマは何か?と映画を見ながらいつも考えていた記憶がある。

映画の決めゼリフの中に、

「かっこいいとはこういうことさ!」

とあるが、要するに見栄を張ることを1つの美学にしているところがテーマだろう。

不思議な作品で、このような見えっ張りなテーマを掲げておきながら、主人公そのものはそのテーマを心の中では否定して鼻先で笑っている。

この相反する不思議な葛藤をこの作品の中で描いているようだ。

大体、ポルコの姿かたちを見れば、およそかっこよさなど感じるはずもなく。

だって、彼は豚さん🐷

世の中から、1本2本線を引いて、自分の世界を生きようとする男。

調べてみると設定では、36歳位かなとあった。

森山周一郎の吹き替えのダミ声がなんとも独特の味わいで、映画に花を添えていた。

「骨盤ウォーカーベルト」

魅力的な登場人物

f:id:kuwa3972:20190831194449j:plain
f:id:kuwa3972:20190831194506j:plain
フィオとカーティス

ここで登場するフィオは多分17歳位の少女。

ポルコが信頼する飛行機のチューニングを行うピッコロじいさんの孫の設定。

設計を担当する彼女はとても才能に溢れている努力家。

彼女はポルコのために徹夜をして設計図を書き上げる。

実は徹夜をしたフィオに投げかけたポルコのセリフが、なかなかユニークで記憶に残っている。

「努力は認める。

   ただし夜更かしはするな。

  お肌によくない。」

ここら辺のフェミニストを気取った発言がこの映画の全体を通しての特徴と言えるだろう。

相手のことを気遣っている割には、自分自身の希望というか、相手に対する望ましい姿とかをしっかりと主張する。

要するに、好き勝手に生きている人間の、ちょっと気ままな発言。

しかしこういったセリフのやりとりは、作品のイメージをしっかりと築き上げ、全体の色合いというか匂いというか、独特の味付けがされた事は間違いない。

また映画館でこの作品を見た私にとって、真っ先に感じたのは歌。

シャンソンを歌っていた歌手がいたのだが、後にそれが加藤登紀子と知ることに。

加藤登紀子はよく知っていてレコードも持っているくらい大好きな歌手なんだが、シャンソンがうまい事は昔からよく知っていて、ここで歌われている歌はまさに本物。

フランスのとある歌手が歌ったんだろうなと思った位。


紅の豚 加藤登紀子~さくらんぼの実る頃~

私の中では加藤登紀子の中のイチオシとも言えるぐらいの名曲。

加藤登紀子は声優としてもこの作品に出演。

あのバーのマダム“ジーナ”の役柄。

 3回飛行機乗りと結婚して3人とも死んだそうな。

作品の中では、それほど不幸を背負っているようには見えなかったが、マダムとしては誰からも好かれていてファンも多かった。

加藤登紀子が声優として出演したのはこれが最初ぐらいかな? 

俳優としては何度か出演している姿を見ているが、私的には歌手のイメージがとても強くて。

彼女の歌う歌声に励まされて青春時代を過ごした記憶がある。

紅の豚では彼女に対するメモリーもあったと言える。

ちなみにだが、ここで出ているライバルのカーチスはモデルがいるそうな。

なんとアメリカ大統領ロナルドレーガン氏。

そう言われてみればレーガン大統領は元俳優だったわけだし、政治家に転身してから大統領まで上り詰めた人。

日本では中曽根総理とロン、ヤスで呼び合う親しい仲が売りだった。

もうすでに過去の人ではあるんだが。

そのような著名人をさりげなくモデルに使うところが宮崎駿の感性。

まとめ

f:id:kuwa3972:20190831194613j:plain
f:id:kuwa3972:20190831194628j:plain
決めゼリフと海辺のシーン

様々な決めゼリフがあって、

「飛べない豚はただの豚 」

「生命保険なんか豚にはいらねーよ」

この辺のセリフがいまだに耳元に残る。

そしてトポルコが自らの基地として、利用していたアドリア海の小さな島。

そこでの海岸線での昼寝をしている呑気な姿が、私的にはたまらなく素敵に思えた。

できればこういったぐうたらな日中を過ごしたいものだと。

すっかり年取った今、私は、この絵にあるようなポルコの日常に近いものを過ごしている。

人間は、基本 あくせく生きたってしょうがない 。

自分が感じるままに、心ときめくものを中心に据えて生きるべきなんだとこの作品は語っていたような気がする。

ひょっとしたら作者の宮崎駿の本当の願いだったのかも。

表現者としての宮崎駿は自分の世界観を表現することに心血を注いでいた。

この作品が封切られた1992年。

私は封切りと同時に映画館で見たのだが、見終わってからの爽やかな感じは自分的にも意外な気がしたものだ。

この爽やかさこそが宮崎駿の表現したかったことなのかもしれない。

すでに四半世紀が経ってしまっているが、作品としての値打ちが色あせる事はなさそうだ。

「開運・金運」「仕事」何でもOK!占い師が直接占うLINEトーク占い