くわちゃんの独り言

音楽や映画が大好きな爺さん。長年の経験から知りえたことを発信します。

エール 底無しの挫折感

 

自分の存在をどうしても証明してみせたかった祐一君

最高傑作と自画自賛した反逆の歌

その作品を一読した小山田先生。

で?

驚くべきぞんざいな反応

築き上げてきた自信や熱意やいろんな意味での期待感が一気に崩れ去る

果たして立ち直れるきっかけをつかめるのか祐一君…

f:id:kuwa3972:20200520080400j:plain

驚くほど冷徹な反応

目次

底無しの挫折感

f:id:kuwa3972:20200520080630j:plain

ついに崩れ落ちる祐一君

小山田先生に作品を見せたところがあまりの冷たい塩対応にズタズタに傷つけられた祐一君

うつろな眼差しで家に帰ってみたら、立ち入り禁止の自分の部屋の中に音ちゃんが。

本当は機嫌が悪くなって少し怒るところなんだろうけど、もう意欲も何も消失してしまった祐一君は反論する気力すらない。

そしてついに書棚の中にある本を散らかし始める。

かつて福島の実家でイギリス留学の話がなくなったことを知った時も同じ反応だった。

あの時は音ちゃんへの別れの手紙も書いた後で何もかも失った思いが強かったのだが。

実は今回も同様の喪失感を味わったが故に、こんな自暴自棄な行動をとってしまうことに。

あれだけ対人関係がおどおどしている祐一君だが音楽に関わるときだけは別人になる。

驚くほどの頑固一徹な反応をするのだ。

それはテレビを見ていてもうすうすは感じるがほぼ暴君と言っていい。

相当わがままだし、冷酷で非常な部分と激しい探究心と向上心で出来上がっている。

今回しゃにむに作り上げた反逆の歌も自分の中のほとばしる感情を表現したつもりだったのだ。

しかし無残な結果に。

紺碧の空は出来上がるの?

f:id:kuwa3972:20200520080720j:plain

団長の不安もピークに

早稲田大学応援部は新しい応援歌紺碧の空の作曲を今か今かと待っているのだ。

残り三日間でいよいよ後がなくなってしまう。

喫茶バンブーで祐一君の仕事ぶりを見守ることに。

そんな時ライバル慶応大学の応援部団長がふらりと現れる。

f:id:kuwa3972:20200520083001j:plain

慶應大学応援部団長 御園生新之助

慶応ボーイはおしゃれなイメージを持っているが、こんなにもキザな事はないだろうなと。

エールでは喫茶バンブーでのやりとりはほぼほぼコメディータッチに描かれる。

マスターの奥さんのオックスフォード大学での留学経験を語るシーンがあった。

女優仲里依紗の一人芝居を見せるシーンだが、面白おかしく作ってあるので思わず引き込まれる。

早稲田が勝てない理由。慶應が伝承を続ける理由などそれぞれが自分勝手な理屈で好き勝手にののしり合うシーン。

そんな論戦だと、勝負に勝っている方が強いに決まっている。

なんといっても勝てば官軍で、負け続けている早稲田が何を言ったところで相手に通じるはずもなく。

しかし、バンブーのマスターの奥さんのイギリスでのエピソードは慶應の強さが決して長続きはしないことを早稲田に味方する意味で披露したもの。

それらは皆新しい応援歌が必ず早稲田の勝利を導くと信じているから。

努力した結果は簡単には現れない

紺碧の空の作曲を急いでもらうために早稲田の応援は全員がバンブーに集結。

とにかくあと3日で伝統の早慶戦が始まってしまう。

それまでにどうしても間に合わせたいのが切なる願い。

ここで団長が応援団全員に振る舞うようにオーダーしたのがミルクセーキ。

番組の中ではなぜか作り方までが詳しく紹介されていたね。

f:id:kuwa3972:20200520080804j:plain

バンブーの名物 ミルクセーキ

確かに卵の黄身に砂糖を混ぜて牛乳で伸ばす飲み物は栄養がありそうだ。

これを大きなボールに作ってみんなで賞味することに。

昔からよく飲まれていたとのことで、昭和の初期はこういったのが流行だったのかもね。

私の時代だとレモンスカッシュとかが流行だった気がするが。

人知れずする努力

f:id:kuwa3972:20200520080843j:plain

僕には作れない他の人に頼んで!

紺碧の空の作曲は創作意欲をすっかり失ってしまった祐一君がついに投げ出してしまう発言を。

いったん引き受けておきながら少し無責任な発言をしてしまう。

勝負の勝ち負けは応援歌とは關係ないはず

早稲田が負けるのは単純に実力がないから。

ここまで言い切ってしまうとさすがに言い過ぎだろう。

それならば応援する意味すらなくなってしまう。

スポーツに限らず勝負するとならばモチベーションはとても大切。

応援歌を始め様々なアイテムはすべてモチベーションを上げんがため。

そのことを頭から否定してしまえば、物語そのものがそこでおしまいになってしまう。

音ちゃんから見ても祐一君はかなり危険な状態であることがよくわかった。

早稲田の応援部も心ない発言にすっかり意気消沈して帰っていくことに。

応援なんてただの自己満足なのか?

そんな薄っぺらなことでは無いんだけれどね。

しかし若者たちはそこまで悩んで苦しまなければ、先へは進まなかった。

意を決した音ちゃんは豊橋へ里帰りすることに。

理由も何も告げずに置き手紙だけを残して東京を一旦離れることに。

物語はここで一旦終了

明日以降で紺碧の空の続きが描かれる。

ネタバラシはできないけれど、今週いっぱい間違いなく必要なストーリーになっている。

それと何よりも心配なのは未だ1枚のレコーディングもできていない祐一君の立場。

もし曲が売れなければ契約金は返却してくれとの約束があった。

大丈夫か?祐一君。