くわちゃんの独り言

音楽や映画が大好きな爺さん。長年の経験から知りえたことを発信します。

虎に翼 忙しさの果てに

聞くところによると、この物語はどうやら後半に入ったとのこと。

今週からは同じような登場人物ながら内容がさらに進展するような雰囲気。

新しく登場する配役も。

先週からの流れを受けて、「愛のコンサート」で大成功を収めた寅子は茨田りつ子へのインタビューの結果、彼女目当ての相談が殺到することになる

裁判官としては、まだ駆け出しの彼女だが人気は全く別物。

ちょうどアイドルを追っかけるファンのような。

多岐川が計画したコンサートは大成功して、寅子には新たな仕事の依頼が舞い込むことに。

最高裁判所長官星朋彦の古い時代に書き下ろした書籍の改訂作業に加わってくれとのこと。

既に仕事は限界に達しており、日々の業務の中では到底時間を捻出することなどかなわない。

結果、そこで休日返上で出勤する羽目に。

ここから新たな出会いが設けられる。

長官の息子星航一との出会い

さて、感の良い我々が気がつかないはずはない。

寅子はこの先再婚するものと思われるが、相手はこの青年しかいないではないか。

最初の出会いのぎくしゃくした雰囲気もそれとなく“初めて感”が出ている。

今までも存分に筆力を奮ってきた脚本家吉田恵里香さんがさらにイメージを膨らませるような。

エピソードが描かれる中で、先週から続く物語の最初の登場人物たちの現状も語られることになった。

轟やよね、梅子の様子も詳しく語られることになる。

さらには、猪爪家では子供たちもそれぞれに成長し、優未は小学校1年生の設定になっている。

そして寅子の弟直明もそろそろ就職活動が始まるような。

毎日見ているドラマで同じ登場人物だが、確実に時間は経過してそれぞれの成長が興味深い。

佐田寅子への取材😅

目次

開運の財布

家庭裁判所「愛のコンサート」の後

茨田りつ子が寅子を直接紹介していた😅

先週の最後のエピソードでりつ子はコンサート後のインタビューに応える形で佐田寅子の実名を公表していた。

困り事のある女性の方は彼女を訪ねてみて。

今で言う口コミの典型的な形かもしれない。

ちょうど戦後の復興が軌道に乗り始めた日本は様々な社会的基盤が戦前とは違うものに書き換えられ、新たなシステムを起動させようと国民全員が全力投球していた。

歴史に伝わる事は表面的な事柄が多い。

暮らしている人々には、それぞれ様々な軋轢があってストレスを感じていた人も多かったと思う。

日本では離婚などの割合はかつてはかなり少なかったと記憶しているが、ゼロではなかったはず。

今では欧米並みの水準になっていると思われるが、物語の時代では女性が我慢を強いられることが圧倒的に多かったものと思われる。

寅子人気 さらなる仕事依頼

寅子対桂場 2人のやりとりが見物🤣

寅子は日本で1番忙しい裁判官との触れ込み。

ただし、彼女の場合、人手不足から駆り出されたにわか仕込みの裁判官なことには違いない。

今までも多忙な毎日だったが、それに輪をかけてさらに忙しくなる有り様。

家庭裁判所の相談員としては寅子目当ての相談が殺到。

当時のルールとしては相談員は選べないとの事だったらしいが、そういった事はお構いなしで人は集まってしまう。

さらに追い打ちをかけるように最高裁判所長官星朋彦からのご指名で自ら書いた法律の専門書の改訂作業を手伝うように依頼される。

通常の業務ではないが家庭裁判所設立の際にお世話になったとの認識があったんだろう。

寅子は忙しさを押してさらなる仕事を引き受けてしまう。

仕事の説明に用意された場所は、竹もと。

物語にちょくちょく登場する「甘味処」

桂場は寅子に新しい仕事は断っても良いと意見するが、寅子は

桂場さんなら引き受けるでしょ😘

お互い言葉のやりとりとは裏腹に相手の気持ちを見通した上での会話が続く。

寅子を演じる伊藤沙莉の表情の作り方が特に秀逸。

彼女の演技力が遺憾なく発揮されている。

猪爪家

小学校1年生の優未 直人も直次も実はおじさんにあたる

寅子が新たに仕事を引き受けてしまったことで、娘の優未と過ごす時間はいよいよなくなってしまった。

寅子は夜中に帰ってきて、しかもそのまま布団には入らずに仕事をすることがほとんど。

とても親子のふれあいなど期待できるはずもなく。

優未が朝起きたとき隣に母親がいないことにとったリアクション。

これから先この物語に起こる何かのエピソードの引き金になるのではと思わせるような布石。

さらには1人で家事全般を請け負っている花江はいっぱいいっぱいの状態が続く。

家族に手伝ってもらってはいるが、こちらの家庭は全員が限界まで仕事をしているような。

星航一との出会い

満を持して登場 岡田将生😍

演じている岡田将生は朝ドラではなつぞら以来だと記憶する。

あの時は広瀬すず演じる主人公なつの兄の役。

今でも記憶に新しい。

この時代リーゼントが流行っていたかもね🤣

この彼が寅子のこれからの人生に大きく関わってくる事は、誰もが想像する通り。

モデルの三淵嘉子さんは戦後再婚して三淵姓を名乗るように。

それまでは和田を名乗っていた。

ちなみに寅子は現在佐田。

これからのことを想像すると様々な憶測も交えながら、期待に胸が膨らむ。