くわちゃんの独り言

音楽や映画が大好きな爺さん。長年の経験から知りえたことを発信します。

虎に翼 すれ違い

どうやら物語の本格的な展開が始まったかもしれない。

全力で仕事に邁進する寅子は果たして自分の周りがきちんと見えているのかどうか。

寅子を絶賛する声とは裏腹に本人は思い込みだけで行動してしまっているような。

そして、一度狂い始めた歯車が気がついてみたら、二度と再び噛み合う事はなくなっている。

今日は先週の予告編で公開されたエピソードの詳しいいきさつがしっかり語られていた。

仕事一辺倒で暮らす寅子は自分の家の事などまるで理解できていないことが露呈。

寅子にとって1番の味方のはずの花江が寅子に激しく反発

物語はいくつかのエピソードが同時進行で進んでいくのでよく注意を払って見守っていかなければ展開についていけなくなる恐れも。

物語は寅子に辞令が出たことから新たな動きが発生。

裁判官に任命されるのは良かったが、行き先が新潟とのこと。

寅子が娘の優未と2人で家を出ると話してはみたが、花江は激しく反発。

優未の面倒は私が見る。

寅ちゃんは1人で新潟に行きなさい。

娘のために働いていると信じていた寅子が優未と離れられるはずもなく。

花江は寅子の相手の心を思いやらない自分勝手なやり方に、ついに堪忍袋のおが切れる。

寅子と花江の間に入って2人を取り出したのは、弟の直明。

しかし、新潟行きの話の結論は先に持ち越されることに。

そんな中、寅子に持ち込まれた調停の案件は離婚に関わるもの。

浮気をした妻はいかなる場合でも寅子が女性の味方になってくれて、自分に都合の良い評決が下されるものと誤解していたようだ。

至るところで狂い始めた歯車。

修正可能なのかどうかは不明。

ラジオの放送でさらに知名度を増す寅子

目次

人気ランキング

持ち込まれた案件は離婚調停

浮気をした設定で描かれた妻を演じる 美山加恋

このエピソードでは我々が人の話をきちんと理解できていないことの証明みたいな内容が描かれる。

寅子は家庭裁判所の母と呼ばれて、全国的な有名人。

特に女性の味方とされていたので、持ち込まれた案件は浮気をした妻が離婚を何とか避けたいと言うもの。

美山加恋 あんたは女性の味方なんだよね😤

こちらの女性は完全に勘違いをしている。

自分が悪者だと言うことをあまりよく理解していなくて、寅子が女性の味方として自分を救ってくれるのだと極解。

その理論で行けば寅子は女性ならばとえ悪人でも守らなければならないことになってしまう。

寅子は法律に基づいて正しい判断を心がけるだけで、悪いことに対して無罪と言うことにはならない。

自分勝手な解釈だとどうにでもなっちゃう

世の中にはいろんな人がいるわけで、それぞれみんなストレスを抱えて生きていればどんな形でも味方が欲しいと思う気持ちはよくわかる。

しかし、善悪の判断までねじ曲げられる事はありえない。

思いがけない人事異動

今、佐田寅子に抜けられたら大迷惑😱

離婚調停が続く中、寅子に人事異動の命令が下る。

裁判官として新潟に赴くように。

ちなみにこの命令はどうやら桂場が出したらしい。

今や家庭裁判所内では寅子の存在は必要不可欠。

多岐川にしてみれば寅子に抜けられるなんて絶対にありえないと思ってしまう。

しかし、人事異動が撤回される事はなかったようだ。

寅子は東京を離れて新潟まで赴く必要が。

寅子と花江の軋轢

新潟には、あなた1人で行きなさい(きっぱり)

寅子が新潟行きの辞令について優未と2人で家を出ると宣言。

そのことに激しく反発する花江。

そして普段優未がどんなふうに過ごしているかを語って聞かせた。

優未はいい子でいるために必死で頑張っているのだと。

寅子は優未の本当の姿を知らないとさえ宣言されてしまう。

猪爪家は気がついてみたらバラバラ

寅子は周りから大絶賛されたときにそのことを強く否定したりはしなかった。

賞賛されるに値する位の事はやっているという自負心もあったはず。

しかし、今回は完全にあてが外れたかもしれない。

フリーライターの竹中にスクラップブックを見せる花江

この頃の時代背景を考えると、日本人はまだ個人主義をまっとうするだけの精神的なバックボーンが出来上がっていなかったかもしれない。

家族の中で誰か突出した人が出れば、その人に周りが合わせようとする。

花江の寅子への反発は簡単には癒される事は無い。

仕事と家庭の両立

家族はそれぞれをいたわり合い励まし合う存在

いつの時代でも同じだが、家庭と仕事の両立は難しい。

どうしてもどちらかに偏ってしまうのはやむを得ないこと。

寅子は「仕事命」で全力疾走してきた。

ここで家族が離れ離れにならざるを得ないのなら本末転倒だろう。

今週のエピソードは今日2日目に入って問題のあらましが見えてきた。

寅子の新潟行きは避けられないものと思う。

果たして単身赴任で行くことになるのか、それとも優未と2人で今の家を出ることになるのかまだわからない。

家族のある話なので、自分勝手な暴走はやがて行き詰まることを意味する。

物語がどんな展開になるのかは注意深く見守る必要が。

不思議なもので日々ストーリーの展開に注目させられる。