くわちゃんの独り言

音楽や映画が大好きな爺さん。長年の経験から知りえたことを発信します。

おちょやん 娘のために舞台に立ちたい

佳境に入った物語は、かつて切ない別れをせざるを得なかった千代ちゃん一平君の再会の様子が描かれることに。 もう残り3回の放送回数なので、今更と言う気がしないでもないが、かつては夫婦としてまた同志として一緒の人生を過ごした2人。 別れてから数年が…

おちょやん おかえり😍ただいま😌

いよいよ少なくなった残りの放送回数。 鶴亀の熊田さんからの依頼で新喜劇の舞台に再び立つことをお願いされた。 正直な気持ちでは、かなり悩むところ。 千代ちゃんにとって道頓堀はトラウマみたいなもの。 どうしても乗り越えられない辛く厳しい思い出が立…

青天を衝け 京都から始まる物語

明治維新の頃、日本は江戸だけで政治が行われていたわけではない。 実際は江戸と京都大阪など、全国でもこれはと思う大都市で様々な活動がなされた。 設定は1864年、大政奉還の4年ほど前。 すでに徳川幕府はその支配力は全国に及ぶ事はなくなっており、かと…

おちょやん 道頓堀からのオファー

いよいよ今週1週間で完結するおちょやん。 最後に用意されたエピソードはどんなものなのかと。 ある程度の想像はついていたけれど、かつて千代ちゃんを育てあげた道頓堀から思いがけない依頼が舞い込む。 すでに、昭和27年になろうとしている。 ラジオ放送が…

おかえりモネ放送記念 透明なゆりかごを一気見

実はずいぶん前から注目していた俳優さんが何人かいる。 男性女性問わずだけれど、女優をする人たちで気になった人が何人かいた。 その1人が今回注目する清原伽耶 彼女を初めて見たのはやはり朝ドラであさが来た 13歳の彼女が女中の役柄で初々しく演じていた…

おちょやん1週間振り返り 女優復帰と新しい家族の形

残り1週間となったおちょやんの前週に当たる1週間のあらすじ。 道頓堀を出た後はおよそ1年間音信不通を通していた千代ちゃん。 この頃戦後の復興期に当たっていてラジオドラマなどが全国で放送される時代を迎えていた。 そんな中大阪で始まった新しいドラマ…

おちょやん 新しい家族として

1時間の放送枠で企画されたお父さんはお人好し。 脚本家長澤先生がギリギリ台本を間に合わせることができた。 なんと放送開始の30分前と言うから、とんでもないギリギリ。 しかし鍛え抜かれた俳優たちやその周りで活躍するスタッフたちは、無事放送を終了す…

おちょやん ウチは何があっても家族を守る

昨日の物語からの流れを受けて5女役の祥子ちゃんの家庭の事情が開かされる。 彼女は家の事情で俳優を続けられないかもしれない。 それは彼女自身が女優にのめりこみすぎて成績が若干下がったとのことで。 両親にしてみれば、心配の種であることには違いない…

おちょやん 今、前を向いて生きているということ

いよいよ残り少ない回数でどんな内容が語られるのか。 ラジオドラマですっかりメジャーの女優として知られることになった千代ちゃん。 忙しい毎日の中、平穏無事には進まないのがおちょやん。 大勢の人が登場する物語。 やはりなにか語るべきエピソードがあ…

おちょやん チヨ子おかあちゃん

今日のおちょやん いよいよ始まったラジオドラマ お父さんはお人好しの初回放送の様子が詳しく語られる。 物語を見ていても感じるのは、生放送な事ととにかく大勢のスタッフが勢ぞろいしている上に12人の子供の大家族の物語なので、とにかく人が多いこと。 …

おちょやん 大阪のおかぁちゃん

いよいよ今週と来週でおちょやんは完結する。 ラジオドラマの放送を控えて、役作りに余念がない千代ちゃん。 そんな役者としての生き様は、周りの人にも好感を持って受け入れられる。 物語はお父さんはお人好しで放送のために書き下ろされたオリジナル台本。…

青天を衝け 攘夷思想ははやり病

青天を衝けはどうやら今日までが血洗島編と言うことらしい。 来週からはいよいよ舞台を京都に移して物語が進む。 明治維新まで後もわずかとなったこの時期は、幕府も朝廷も日本を統治できてはいなかった。 この当時先進的な考え方として尊王攘夷が盛んに唱え…

おちょやん1週間振り返り 失った家族新しい家族

おちょやんはもう来週と再来週を残すのみ。 私にとってやや苦手な大阪のドラマだったので、あまり期待することなく見始めたのが正直なところ。 しかし、今回の1週間で自分のモチベーションの低さは、恥をさらすことになったと白状するしかない。 ここ数週間…

おちょやん 復活女優竹井千代

朝のルーティーンで何気なく見ているはずの朝ドラだけど。 今日の回を見ていて、物語の制作スタッフの心意気がビシバシ響いてきたね。 千代ちゃん実は、京都の撮影所時代から匿名で花を送ってくれる人がいたことを知っているだろうか。 今日はその送り主の種…

おちょやん ここに居ってくれるだけでええんや

今週のエピソードもいよいよ今日明日で決着が。 大阪のラジオドラマの制作スタッフ脚本家の長澤さんも千代ちゃんをたずねる。 女優竹井千代の値打ちが改めて感じさせる今日の物語。 千代ちゃんにとって最後の芝居はあまりに辛い思い出。 先週のエピソードに…

おちょやん いじわるなオバちゃんでかんにん🙇‍♀️

今日のドラマを見ていてふと感じた。 モデルがきちんと存在する話だから、大きく内容を史実から逸脱するわけにはいかないだろうに、どうやらオリジナルで書き加えたと思われる力のこもったストーリー。 何といっても栗子さんの存在が大きいね。 おちょやんの…

おちょやん 水野春子と申します

京都で暮らすことの詳しい説明が今日語られる。 千代ちゃんはちょうど1年前、鶴亀新喜劇の最後の公演を終えた後、そのまま身1つで家を出たのだ。 夫に裏切られ、自分の持っていたもの全てを投げ出して行くあてもないまま行方不明に。 しかし、はるか昔ご縁の…

おちょやん 捜索願い竹井千代

先週描かれたドロドロの愛人関係。 かつてないほどの試練に見舞われた千代ちゃんが道頓堀から行方不明に。 果たしてこの先どんな風に物語が続いていくと言うのだろう? 時代設定は昭和26年。 ちなみに私の生まれる2年前にあたる。 まだ戦後の復興とは言い難い…

青天を衝け 栄一が抱く大義名分

いよいよ大政奉還まであと5年弱となった。 青天を衝けの物語も大きく先へ進むことに。 栄一と千代にも待望の長男が生まれることに。 しかし生まれたばかりの長男市太郎は麻疹でなくなってしまうのだ。 この当時、様々な疫病が流行っていたようだ。 流行病と…

おちょやん1週間振り返り 繰り返される人生

今週のエピソードはなんといってもモデルの浪花千栄子さんの経験した人生がほぼそのまま踏襲されることに。 夫が不倫のあげく子供まで作ってしまう。 しかもその不倫相手が自分が目をかけて可愛がっていた後輩の女優と言うんだから始末におえない。 物語は不…

おちょやん 千代❗️あんたはエライ😭

今週の衝撃のエピソードが今日完結する。 なんと、何の言い訳もせずに自ら身を引こうとする千代ちゃん。 灯子ちゃんに生まれてくる子供の事や灯子ちゃん本人の幸せを願って、自分の感情を押し殺して最後の舞台公演に臨む。 端から見てもわかるように驚くべき…

おちょやん 俺と離縁してください うんええでぇ…

今日のエピソードには誰もが認めるサブタイトルがつく 一平のド阿呆っ 昨日の物語の流れを受けて離婚が避けられない事態に。 それぞれ関係を修復しようにも、すでに物語は次の段階へ進んでいる。 どんな道がふさわしい流れなのか、皆が胸に手を当てて考えな…

おちょやん 苦しみの果てそれぞれの決意

ありきたりの浮気事件のはずだったが、灯子ちゃんに子供ができたことで話は深刻さを増す。 当事者である灯子ちゃん本人、そして一平君、千代ちゃん。 昔風の言い方をすれば不義密通の罪は、裏切りの最も罪深い行為とされてきた。 しかし、この物語の場合、単…

おちょやん アカんなぁ収集でけへん

今日今回のエピソードの全容が全てわかる。 一平君は灯子ちゃんと不倫のあげく、千代ちゃんに平誤りしたことで全ての事実を認めたことに。 もっとも、ごまかしようもないけどね。 新喜劇のメンバーにとっても、ただでは済まない緊急事態。 そんな中、悩み抜…

おちょやん 千代!かんにん🙇🏻‍♂️ はぁ⁉️

まさかとは思っていたけれどこの不倫劇がそのままストレートに物語に出てくるなんて! 浪花千栄子さんのエピソードを考えれば出てきて当然って気持ちはあったけど。 どうなんだろうね? 一平君と灯子さんは要するに不倫関係になっちゃうんだけど。 そして子供…

青天を衝け 決起にはやる栄一を引き止めるもの

先週あの大老井伊直弼が桜田門外の変で散ってしまうことに。 物語はその後の流れを受けて、さらに世の中は混沌の度合いを深める。 当時の徳川幕府は、尊王攘夷の矛先をなんとしても穏やかなものにしたかった。 そこで画策したのが、天皇の妹和の宮を14代将軍…

やっと落ち着いて見られた世界フィギア国別対抗戦

この間からフィギアスケートの国別対抗戦をテレビで放送しているのを知ってはいたが。 ほぼ最終日の今日やっと自宅でゆっくり落ち着いて鑑賞できたので、私なりに感じたことを記録しておきたい。 コロナ禍の中、選手たちは思うような練習をすることができず…

おちょやん1週間振り返り 生まれ変わる道頓堀

この1週間おちょやんでは次々と新しいエピソードが書き加えられて、物語はどんどん進んだ感がある。 終戦直後と言うことで、物資が何もないまま劇団を続けていこうとする一平君たち。 この時を待っていたかのように、 鶴亀の大山社長は新しい劇団を立ち上げ…

おちょやん 千之助はんおおきに

物語はびっくりするスピードで展開する。 実は鶴亀新喜劇のこけら落としとなった注目の作品 お家はんと直どん 主役に一平君と千之助兄貴の予定だったが、突然千之助は降板を申し出る。 自分自身の力に不安を覚え始めていた彼は自分の役柄を千代ちゃんに譲る…

おちょやん お月様に誓う再出発 明日も晴れやな

引き上げてくるのに時間のかかった寛治君。 戦場でのヨシヲ君とのエピソードが詳しく報告された。 やはり、彼はお世話になった人たちを助けるために撃たれて亡くなっていた。 寛治君はヨシヲ君との約束を果たすべく日本に戻ってくる。 寛治君がメンバーに加…