くわちゃんの独り言

音楽や映画が大好きな爺さん。長年の経験から知りえたことを発信します。

2024-01-01から1年間の記事一覧

虎に翼 大荒れの法廷劇

先週の予告編でもあった通り、大学側が女子部の新入生獲得のために催した法廷劇。 準備段階からそれぞれのメンバーのいろんな思惑が交錯しつつ、波乱の幕開けとなった。 準備のために全力でがんばってきた寅子。 寅子は準備以外でも様々な気苦労があってなか…

虎に翼 女子部存続の危機

3週目となった物語は昭和8年春の設定。 物語のスピードはてきぱき感に溢れている。 寅子は女子部の2年生に。 ここで物語は女子部の内情について詳しく説明。 入学時60名いた寅子の同級生は20名に減少。 3クラスあった教室は1クラスに併合。 さらには先輩たち…

虎に翼1週間振り返り 進むべきはこの道

この朝ドラの物語の方向が明確になった1週間。 お嬢様育ちの寅子はお見合いするのが嫌で、逃げ道として法律を学ぶことを選んだ。 明律大学女子部法科の2期生として入学した寅子には大勢の仲間ができることになる。 しかしそこは驚くほどの茨の道。 寅子をし…

虎に翼 判決の裏側

いよいよ待ちに待った見解が、判決の形で言い渡された。 正直言ってこんなにストレートに妻側の言い分を受け入れる判決が物語の中で語られるとは! 判決の主文は妻の全面勝訴。 夫は妻の言い分に基づいて嫁入り道具の指定された物品を全て返却しなければなら…

虎に翼 妙案を求めて

物語の方向性がはっきりしてきた虎に翼。 昨日の放送で裁判の傍聴の様子が描かれ、さらにそれを学校に持ち帰ったことで穂高博士から授業の提案をもらえることに。 当時の時代背景を考えれば、結婚した場合妻の財産人格など全て夫に帰属する形になる。 妻は法…

虎に翼 恐るべき現実

物語は今週3日目にして展開がいよいよはっきりしてきた。 昨日からの流れを受けて、よねの跡をつけた寅子はひょんなことから裁判の傍聴をすることに。 それは民事の離婚訴訟に関わる裁判。 その中で明らかになる当時の時代背景。 戦前の日本社会では男女が結…

虎に翼 女子部の厳しい現実

いよいよ始まった女子部での法律の勉強。 巷でよく言われる六法全書の六法の意味がこの番組で初めて理解できたお粗末な私。 憲法、民法、刑法、民事訴訟法 その他。 番組を見返せばわかることだけど、朝ドラを楽しむレベルでは少しずつ時間をかけて頭に入っ…

虎に翼 いざ行かん 地獄へ‼️

物語の設定は昭和7年春。 ついに法学部への入学が決まった寅子は入学式に赴くことになる。 この物語を見ている人たち誰もが思うことだが、当然寅子の学友となる大勢のうら若い女性が登場することになる。 演じる女優たちもそれぞれに思い入れがあるだろうな…

虎に翼1週間振り返り 法律家を目指す女子の物語

「ブギウギ」の後を継いだ物語はどうやら主人公となる女性のモデルは、前回の笠置シズ子と同い年なことがわかった。 つまり、大正の生まれで、昭和を生きた人ということになるだろうか。 物語の主人公「猪爪寅子」は銀行員の父親と母親、さらには兄と弟が1人…

虎に翼 意地対意地

寅子にとって最大の難関が母親である事はよくわかっていた。 どうすれば、最後の砦を突破することができるのか。 正直なところ、固唾を飲んで今日の物語の展開を見守るしかなかったわけで。 物語を見て大いに納得する。 ストーリーの展開が思わず感嘆符❗️が…

虎に翼 したたかな女

「虎に翼」は物語の方向性がはっきり示される形になってきた。 そして、15分の枠ながら登場人物の胸の内を巧みに描き切る。 主人公の寅子は明律大学女子部法科に入学願書を出すことができたが、それで全てが完了したわけではない。 猪爪家の1番の実力者母親…

虎に翼 これが女の生きる道

虎に翼は開始3日目にして、ようやく物語の進む方向が明確に。 主人公寅子は自宅にいる書生の弁当を届けた時に、大学の教室で人生の方向を決定づけるような大切な人たちと出会う。 そこは法律を学ぶ場所で、物語の中では民法についての講義が。 「女は無能力…

虎に翼 気遣い勘違いすれ違い

始まったばかりの物語は、目標地点のはっきりしないままどんどん進む。 寅子は持ち前の好奇心と、物事をはっきりすぐ口に出してしまう癖のせいか、お見合い話もいまひとつまとまることがなく。 昭和6年、19歳の寅子は両親が嫁ぎ先を決めようと躍起になってい…

虎に翼 受け継がれる朝ドラストーリー

先週までのブギウギの興奮が冷めやらぬまま、次の物語が開始。 今回始まったのは虎に翼。 言葉の意味を調べてみたら“五黄の寅年生まれの女性”の名前とのことで、意味まで調べてみたところ、どうやら“鬼に金棒”と言う意味合いらしいね。 朝ドラは15分の時間の…

ブギウギ1週間振り返り 過去から未来へつむぐもの

昨日、最終回の放送を終わったブギウギ。 最終週の物語はスズ子がを引退発表した後からお別れコンサートに至るまでの1連の流れが描かれた。 スズ子は歌手としてのパフォーマンスに譲れないポリシーが。 お客さんに最高のパフォーマンスを届けたい。 毎日繰り…

ブギウギ 全ては伝説に

いよいよ最終回になったブギウギ。 物語はいつもの通り15分の放送枠しかない。 今日は特別編らしくタイトルコールなしで物語が進んだ。 そしてタイトルコールなしの意味が本編の中にちりばめられていることも納得。 ブギウギは福来スズ子という格好の表現方…

ブギウギ ブギは感謝のミュージック

ブギウギはいよいよ今日明日で物語が終了する。 歌手引退を宣言し、記者会見まで開いたスズ子。 彼女には、まだやり残したことが。 それは師匠羽鳥善一とのきちんとした話し合い。 実は善一も同じ事でモヤモヤした気持ちのまま。 今日の放送では、善一とスズ…

ブギウギ 引退という名のバトンタッチ

物語は今日含めても3話分。 どうやら全体の流れもある程度のものが把握できる中、スズ子の引退会見が行われる。 マネージャータケシの誘導で、様々な質問も受け付けることに。 ドラマを見ていてずっと感じていた悪役だったはずの週刊誌記者鮫島。 思った通り…

ブギウギ 歌手引退を支えるもの

スズ子の引退宣言は様々な波紋を呼ぶことに。 特に今まで二人三脚で同じ道を歩んできた作曲家羽鳥善一の反応は特別だったかも。 僕は君の引退を認めない どうしてもと言うなら絶縁する 冷静ではいられなかった善一がギリギリまで感情を押し殺しスズ子に宣言…

ブギウギ 重い決断…余波

ブギウギはついに残すところ1週間となった。 昨年後半から始まった福来スズ子の物語はここで完結することになる。 既に公式発表でストーリー展開も全て把握できる状況。 スズ子は年末の男女歌合戦でのステージですっかり燃え尽きてしまった。 物語は昭和31年…

ブギウギ1週間振り返り 大歌手の到達点

残り2週分となったブギウギ。 最終週の一つ前は何が描かれたのか? ズバリ一言で言うならば、世代交代。 今や大歌手となった福来スズ子は、向かうところ敵なしと思われた。 歌手としての人気を独り占めにしていると思われたスズ子もフタを開けてみれば既に42…

ブギウギ 舞台は楽しむもの

今日のエピソードが終了すると、いよいよ残りは1週間。 5話で物語の全てが終了する。 スズ子はアユミに自分の持ち歌「ラッパと娘」を歌うことを許可。 図らずも昭和31年大晦日の男女歌合戦での一騎打ちの様相に。 週刊誌を始め、テレビ局なども2人の戦いを盛…

ブギウギ 悔しい思いから逃げるのあり⁉️

いつの時代でもそうだが、プロと呼ばれる人たちの地道な努力は周りに知られる事はほぼない。 スズ子は日本を代表する歌手として、 不動の地位を築き上げていた。 昭和31年、42歳のスズ子は若い頃のようなパフォーマンスが厳しく感じられる。 そんな中思いが…

ブギウギ 歌手の矜持

いよいよ盛り上がってきたなぁと思いつつ、スズ子が果たして歌手としてどんな立ち位置にいるのか。 物語を見ていて、痛烈に思い知らされることが。 スズ子のような歌手は基本的にアスリートと変わらないなと感じてしまう。 旬でいる時間には限りが。 そう思…

ブギウギ それぞれの子育て

佳境に入った物語。 感じるのは登場人物をはじめ、ドラマのさまざまな設定がオリジナルっぽいこと。 ライバルとされる水城アユミは美空ひばりがモデルと思われたが、聞くところによれば江利チエミの方が近いらしい。 物語の設定ではかつてスズ子が憧れた大和…

ブギウギ もはや戦後ではない

物語の設定は昭和31年秋。 既に終戦から10年以上が経過した。 私自身の幼い頃の記憶とも被る。 この当時の経済白書で政府が用いた言葉を今日の題材にさせてもらった。 スズ子は羽鳥善一とのコンビも既に10年以上が経過してて人気に陰りが。 今週からはスズ子…

ブギウギ1週間振り返り 有名人ゆえに

カウントダウンの始まったブギウギ。 モデルの笠置シズ子にも起こった有名な事件が、今週の題材。 それは、一人娘の誘拐事件。 誘拐は成功する事はなかったが、少なくともスズ子たち家族を震え上がらせた。 スズ子はこの頃、推しも押されぬ大歌手として成功…

ブギウギ 子供の背中を見て育つ親

1週間の締めくくりとなるエピソード。 スズ子のモデル笠置シズ子の人生さながらに娘の誘拐事件がテーマに描かれた。 スズ子は一人娘愛子の子育てと仕事に忙しい日々を送る。 さらには都内に大きな邸宅を建てて悠々自適な毎日のはず。 しかし、有名人ならでは…

ブギウギ 親は子のために…誘拐事件てん末

じっくり見てみると、今日のブギウギはかなりユニークな出来上がりになっていたと思う。 早々に誘拐事件の犯人は捕まると思ってはいたが、その前後のストーリー展開がなかなか味わい深い。 予告編の映像も所々に本編として流れていたが、今日見ることで辻褄…

ブギウギ 誘拐事件の裏

モデル笠置シズ子の人生にもあった通り、誘拐事件が物語で取り上げられるように。 昨日から描かれた事件の内容は、脅迫電話とつぎはぎの文字で作った脅迫状。 笠置シズ子の場合はこの物語の設定よりも早い時代に起こっている。 この時代、プライバシーなる考…