くわちゃんの独り言

音楽や映画が大好きな爺さん。長年の経験から知りえたことを発信します。

思い出をたどる

歴史オタクがどうしてもはずせない 明智光秀本能寺の変

大河ドラマの麒麟がくるが放送を一旦中止している今、歴史について様々な検証番組が放送されている。 どれも皆興味深いのだが、なんといっても明智光秀が起こした本能寺の変に関わる考察はどうしても見逃すわけにはいかない。 今日、先ほど観させてもらった…

時々無性に見たくなる “天空の城ラピュタ”

昨年の朝ドラ“なつぞら”を見ていたとき、アニメーションに関係したいろんなことが出てくるので、ついつい記憶をたどることに。 私の世代は、明らかに“鉄腕アトム”と“鉄人28号”の世代。 両方とも少年時代の思い出だ。 しかし、アニメがこんなにも面白くて感動…

イメージとは真逆 植木等的人生

たまたま特集で植木等の番組を見ることに。 クレイジーキャッツのメンバーで、俳優もこなしたマルチなタレントぐらいのイメージだったが。 もちろん知っていたことも知らないことも、いっぱいあったのだが、あのテレビで見かけたおちゃらけたイメージとは全…

驚くほどの実力 ポーランド出身のギタリストマルシン・パツァジェク若き才能

YouTubeや他の動画サイトをあちこち覗いてみて発見したのが彼。 アメリカでかなり有名な新人ミュージシャンを発掘するテレビ番組。 その時にたまたま出ていたのがギタリストの彼。 マルシン・パツァジェク この名前を聞いて素早く反応できる人はかなりのマニ…

北海道あるある 庭先でジンギスカン

北海道の夏の間の風物詩、自分の家の庭でやるジンギスカンなどの焼肉パーティー。 庭があって、家族のいる人ならば必ず経験しているはず。 いったいいつの頃からこんな習慣が始まったんだろう。 そうだねー私が子供の頃だと、今から半世紀ほども前の話になる…

ふりかエール 初回放送を見直すと視点が変わるね

コロナ騒動の影響を受けて撮影が4月以降中断していた。 先週の26日までで放送分は全て終了しちゃっているので、今日からは1回目からのものを再放送。 同じものを2度見てもしょうがないなと思いつつ、でもブログにアップしている関係もあって、さらにナレーシ…

時代劇ってどこら辺の時代を指すのだろう? 複雑でわかりにくい話

今、再放送でやっている太平記を見ている人はどれくらいいるだろうか。 主役を演じているのは若き日の真田広之。 足利尊氏を演じているのだ。 この足利尊氏が室町幕府を編成する前後の物語となっているが、ずっと続けてみてはきているが、驚くほどの複雑さで…

半世紀以上も前の父の思い出追記 釣り好きだった父の狙いはアイナメ

ちょうど今ぐらいのシーズンなので時々思い出すことも多い。 私が物心ついた頃から父の趣味は釣りだった。 今のように釣り好きの人がよくやるような立派な竿とかリールなど全く持ち合わせていなくて、骨董品レベルの古いものと自分で作った運搬用の木の箱を…

豊田商事事件 投資ジャーナル事件 闇はいまだに続いているのかな?

1985年と言えばもうずいぶん時間が経った気がするけれど、この年はそういえば2つの詐欺事件で世の中が賑わっていたと思う。 あえてこの事件に注目したのは事件の主犯格とされる2人はどちらも私と同じ世代。 豊田商事の故永野一男は私の1つ年上。 投資ジャー…

6月23日 沖縄慰霊の日に思う

様々なボランティアをさせていただいている私にとって、あちこちで亡くなられた戦争犠牲者のおみたまをお弔いするその事はとても大切なことだと認識。 私は北海道だが、実は沖縄も私の中では同じようにお弔いの気持ちを手向けねばならない特別な場所。 私が…

久しぶりにテレビで見かけた浅田真央ちゃん 思い出の中で今でも蘇る感動

浅田真央ちゃんは、1990年生まれで今年9月の誕生日で30歳を迎える。 彼女が10代の頃から知っていてその頃のイメージが強く、今でもまだ20代半ばの印象でいたが、やっぱり年月は容赦なく過ぎていくんだよね。 たまたまテレビのハイビジョン放送で彼女のスケー…

麒麟が来るまで待ちましょう今日の振り返りは国盗り物語

さて、麒麟がくるは先週からコロナ騒動のせいでおやすみ。 先週に引き続き今週もかつての著名な大河ドラマの振り返り 今日は1973年の作品国盗り物語。 実はこの作品は私が20歳のとき。 ちょうどその頃は関東地方にいたので、学校にも行かずにアルバイトに明…

羊たちの沈黙からハンニバルへ 映画の表現がこれほどえぐいと思った作品は経験がなかった

何度もブログで報告するように私の映画歴は半世紀を軽く超える。 名作注目作などあらゆる作品を見てきたが、私を映画に目覚めさせた作品がいくつかあったような記憶が。 小学校5年生位の時に白黒の小さなテレビで見た、 ジャンヌモロー主演の恋人たち そして…

今日のエールで思ったこと 今村嗣人君への励まし

お年寄りのルーティーンで毎朝朝ドラを見る事を欠かさない。 特に今回のエールは実在のモデルがかなりしっかりしたストーリーになっているので、いつにも増して興味津々なんだけど。 今週描かれたオムニバス方式の登場人物 今村嗣人君 彼の様子を見ていてほ…

今日のエールを見ていたら同じ時代に活躍していたピカソを思い出す

この時代パリでは様々な芸術家が独自の感性を駆使して様々な作品作りに勤しんでいた。 今日のエールは他でもないパリ留学をしていた日本人たちの物語で、 その当時の活躍していた画家と言えば、ピカソとダリ。 今思いだしてもやっぱり凄いと思うので。 20世…

ハワイアンシンガー イズリアル・カマカヴィヴォオレって知ってますか?

ハワイアンシンガーなんて正直なところ元関取の小錦ぐらいしか記憶にないなと。 でもこの世界もかなり奥が深くて、著名な歌手 演奏家、さらに舞踊関係でも世界的に有名な人がたくさんいる。 その中でも既になくなっていながら未だ絶大な人気を誇るシンガーが…

またなきゃいけない麒麟がくる 今日は独眼竜政宗を振り返ってみる

放送を一旦休まねばならない麒麟がくる。 ストーリーが盛り上がってきたところだけにちょっと残念な気がしないでもない。 そんなこともあって今日からは次回再開されるまでの間かつての物語を振り返る内容の番組。 今日振り返ってみるのは 独眼竜政宗 実は、…

紅の豚から感じる宮崎駿のこだわり

昨日テレビで宮崎駿の特集番組をやっているのを見ると、やっぱりどうしても興味が湧いてしまう。 初めて天空の城ラピュタを見てからジブリのファンになった私。 アニメーションて、こんなことができるんだと教えてくれたのがここジブリ。 で、わざわざ映画館…

映画 “ロッキー”色あせない名作の秘密

映画ロッキーを知らない人はいない。 主役のシルベスタースタローン。 この7月で74歳を迎える。 いまだにハリウッド映画では重鎮。 しかし、調べてみると彼は売れない役者の時代、ほぼホームレスに近い生活を送っていたとのこと。 あまりにひどい格好で入っ…

本能寺の変を深掘り 明智光秀に起こったいくつかの異変

日本史の中でも最大のミステリーとされる本能寺の変。 要は、明智光秀が織田信長を討ち果たした事変と言える。 昔から様々な原因が取り沙汰されてきた。 最新の記事を見ても、 前々から計画していたこととか、 過去の恨みつらみが鬱積していたとか 様々なこ…

麒麟がくる 決戦!桶狭間 歴史が変わっていく瞬間

さて大河ドラマ麒麟がくるは今日の放送で一旦休みとなる。 今日はその区切りとなるエピソード。 桶狭間の戦いの一部始終が描かれた。 私が子供の頃 習ったのは、織田信長が今川義元に奇襲をかけて不意打ちで勝利をもぎ取ったと聞いたが、最新の研究ではどう…

生田斗真と清野菜名結婚からみる俳優度

おめでたいニュースが飛び込んできた。 若手の俳優の中でもこの2人は前から注目していたので。 私が見た2人の演技をいま一度思い出してみたい。 生田斗真清野菜名 実力派俳優の結婚 目次 生田斗真の俳優度 清野菜名の女優魂 2人を祝福 まとめ TVゲーム お名…

独断と偏見で選ぶ大好きな歌手たち

忘れられない歌手がいる。 すでに半世紀以上も前からテレビやラジオでお馴染みだったメンバーたち。 ついこの間も、ラジオを聴きながらふと聞き覚えのある歌声だと思ってみたところが。 それはマヘリアジャクソンのゴスペルだった。 私が音楽に親しんだのは…

もう一度見たい映画に追加 エクス・マキナ

この映画は映画館で見たわけではない。 ネットで検索しているうちに著名な俳優がたくさん出ていたことと、 主人公のエヴァのビジュアルがとても綺麗だと思ったので調べてみて発見。 正直、ハリウッド映画に慣れた目から見るとちょっと変わった作りになってい…

カーペンターズを愛でた青春の日々

カーペンターズを初めて知ったのは多分1971年高校3年の時ではなかっただろうか。 確か学校の昼休みの休憩時間に校内放送で、当時様々なポピュラーミュージックなどが流される習慣だったが、その時確か夏ごろだったと思うけれど聞いた曲がカーペンターズだっ…

麒麟がくる20話 今川義元動く軍勢2万5000織田信長の憂鬱

麒麟がくるは今日の放送が終わると後1 話残して一旦休みとなる。 コロナ騒動を受けて撮影が全くできていないから。 しかしこの時代を描いた大河ドラマとしてはちょうど区切りのいいところまで描かれそうな雰囲気。 織田信長にとって歴史の中で名前を広く知ら…

出不精の私がつらつら思うこと

今週のお題「遠くへ行きたい」 普段買い物に行くくらいしか家の外には出ない私。 多分このサイトでこんなお題が出るって事は、やっぱりコロナ騒動を受けて皆さんそれぞれストレスが溜まっているからかなと。 遠くへ行きたくなるのは外へ出てストレスを発散し…

作曲家たちの恋愛事情

こちらは以前から私の知っているクラシック音楽の知識をまとめあげたもの。 自分でも内容が面白いとお気に入りの記事なのでもう一度校正をしてアップすることに。 クラシックの作曲家たちはほとんどが男性ばかりでたまに女性の演奏家が混ざるくらい。 当然男…

麒麟がくる19話 都をめぐる様々な武将たちの思惑

冒頭、織田信長の苦悩が描かれていた。 信長は弟を殺し、父を失いそして母親からも見放されていた。 尾張国内は統一されてはみたものの、他の国との軋轢は未だ収まらず。 周りは皆、敵だらけで常に戦が絡んでいた。 そんな中、都を離れていた将軍足利義輝は…

横綱双羽黒 金スマで語られた知られざる人生

本来ならば今日5月の24日から大相撲の場所が開かれる予定だったが、コロナの騒動を受けて中止が決まった。 相撲力士の中にも患者が蔓延している様子で、とても開催できるようなことにはならなかったとのこと。 3月場所は無観客で15日間放送のみでやり切った…