くわちゃんの独り言

音楽や映画が大好きな爺さん。長年の経験から知りえたことを発信します。

思い出をたどる

徳勝龍  優勝おめでとう駆け抜けた33歳

リアルタイムで見せてもらった大相撲千秋楽。 誰がこんな結果を想像しただろうか。 彼は奈良県出身なので、奈良市役所の様子がリアルタイムで今も映像に。 優勝した本人も、市役所にいるお父さんも男泣き。 横綱不在な中でこれだけ盛り上がった場所も過去に…

大相撲 徳勝龍ってこんなに強かったか?

いよいよ今日の千秋楽で、令和2年の初場所の優勝が決まる。 2横綱がいない状態でよくぞここまで盛り上がったもの。 最後に誰が抜け出るのか、こんなにギリギリまで引っ張られるなんて思ってもみなかった。 はっきり言って、横綱大関をきちんと勤め上げられる…

初場所の行方 優勝は千秋楽まで持ち越す

一敗力士が今日も勝ったので、優勝は千秋楽までわからなくなった 一敗力士とは 正代 徳勝龍 の2人。 まぐれとは言いたくはないが、今場所この2人がこれだけ活躍する事は誰も想像しなかっただろう。 明日、一敗同士で一騎打ちを行う。 その結果でもまだ優勝と…

イギリス発音楽 ちょっと調べてみると

クラシック音楽ではイギリス出身の音楽家はどちらかと言えば少ないだろう。 私が知る限りではずいぶん昔にヘンリーパーセルがいるぐらい。 最近だとベンジャミンブリテンとか。 実は、クラシック音楽ではこの2人ぐらいしかいないのではないかと。 しかし、ご…

今日10日目が終わる 果たして今場所の行く末は?

混戦模様な事はよくわかっているつもりだが、一体どういうことになるのか。 中日を過ぎたあたりから、先が見えるようで見えない日が続く。 さて、今日終わったので残りの5日間で、一体どんなことになるのやら。 お名前.com 目次 見るべき役力士は大関貴景勝 …

今更だけど ビートルズ

ビートルズが活躍し始めた頃、そのすぐ下の世代である私も、彼らの曲を何度も聞いたことがある。 しかし、このグループが大活躍で世界中を席巻していた頃、中学生から高校生だった私はビートルズを理解していなかった。 それほどいい曲とも思えなかったし、…

初回放送“麒麟がくる”その期待度は?

今日、早速初回の放送が終わったばかりの“麒麟がくる”前評判を考えると、一体どんなものになるのかと興味津々で拝見。 放送開始直前のトラブルから立ち直って、開始日を2週間遅らせて満を持して放送。 今回から4K放送も加わるので、その映像の美しさへの期待…

大相撲 中日を前に思うこと

今日19日で大相撲は中日を迎える。 前半戦を終えて、両横綱は不在。 一体どれだけ盛り上がれるのか心配したところだが、優勝予想は全くの混戦。 一敗力士が5人も横並びで、全く先が見通せない。 7日間終わって少しずつわかってきたことなどもあるのでまとめ…

大荒れの初場所 恐れていたことが起こってしまう

最初の四日間が終わっただけの初場所だが、やはり恐れていた通り両横綱の欠場が決まった。 白鵬も鶴竜も一勝をあげただけで、残りは全敗。 2人とも、自らの相撲っぷりを親方に相談した結果、休場となったようだ。 この2人はモンゴル力士ながら、特に白鵬は相…

今更だけどチェリストヨーヨーマを調べてみる

YouTubeをあちこち散歩をしていると、様々な音楽と出会うが、バイオリニストは比較的たくさん見かけるが、チェリストとなると限られてくるようだ。 私が若い頃からよく知っているチェリストと言えばパブロカザルス。 しかし今世界的に著名なチェリスト第一人…

初場所を見なきゃ始まらないぞ 大相撲

令和2年の初場所は、この間の日曜日からいよいよ開始。 最近いまひとつ盛り上がりに欠ける大相撲といわれるが、世代交代の進み具合はいかほどのものなのか。 年寄りで、60年来の大相撲ファンからすると、相撲を見なければ年が明けた気がしないのだ。 とりあ…

ピアニスト発見 ヴァレンティーナリシッツァ ピアノの魔女?

あいも変わらず、YouTubeであちこち映像を見ていた中で女性のピアニストで、金髪のとても上手なベートーベン弾きだなと思ってじっくり聞いてみたところが。 白状すると、恥ずかしながら名前も存じ上げなかった方。 ヴァレンティーナリシッツァ ロシア生まれ…

二十歳の頃 今は はるかに遠く

今週のお題「二十歳」 すでに半世紀近くが経過した今、かつての事はほとんど記憶の片隅に追いやられたと言える。 私が二十歳だった昭和48年。 私たちの世代は、戦後の世代と言われて久しかったが。 ちょうど、高度成長期が終わった頃と記憶。 オイルショック…

新釈 本能寺の変 明智光秀に起こった健康問題

日本史の中でも最大のミステリーとされる本能寺の変。 要は、明智光秀が織田信長を討ち果たした事変と言える。 昔から様々な原因が取り沙汰されてきた。 最新の記事を見ても、 前々から計画していたこととか、 過去の恨みつらみが鬱積していたとか 様々なこ…

地獄の黙示録 今更だけどこの古い映画を検証

最近は、長い映画を見ることも少なくなったが、テレビでかつての作品を時々はコマーシャルなしで見られるので。 今回は録画しておいたものを再度見ることに。 フランシスフォードコッポラの地獄の黙示録 この映画は映画館で見た記憶が。 とにかくテレビのコ…

なにげに聞くラジオ MISIA星空のラジオ

普段、車の運転をするときはカーラジオをFMにして音楽を専門に聞いている。 たいていは夕方運転することが多いので、“夕焼けパラダイス”とか聞くんだけれど、時たまもっと別な人のがヒットしたりする。 基本クラシック音楽が聴きやすいと感じるタチなので、…

826aska ちゃん さすがにお年頃

実は、白状すると私がYouTubeを盛んに見るようになったのは彼女のサイトを発見してから。 とにかく1番最初にチャンネル登録したのは彼女。 その次に登録したのが確か気まぐれクックだと思った。 それ以降、どんどんチャンネル数は増えて、今ではYouTubeを覗…

1964年東京オリンピック 2020年へ引き継がれる思い

実は、昨日見たテレビの番組で東京オリンピック当時の日本人の様々な日常を報告したものがあった。 実はそれを見ていて感じたのは1964年当時、日本人のオリンピックへの関心はほとんど皆無だったのだ。 まだ終戦後、20年弱だった日本。 日本国民は生活に追わ…

麒麟がくる どう描く?本能寺の変

今度の大河ドラマは何かにつけて注目が集まる。 そんな中で、日本の歴史の中でもトップクラスと言えるクーデターが本能寺の変 今回のドラマはこの辺を中心に描かれるわけだ。 歴史的な事実と言いながらも、新たにいろんなことがわかってきているので、かつて…

1富士2鷹3なすび そんな都合よく夢なんか見れないし

今晩から明日の朝までに見る夢を初夢と言うのだそう。 初夢にどんな夢を見るかで縁起の良し悪しを見る風潮が。 今ではもう死語になってしまった。 1富士2鷹3茄子 どれが吉相かと言えば、この順番なんだけど、富士山を背景に鷹が茄子を持って飛んでいたらこれ…

麒麟がくるは時代劇オタクの期待を裏切らない⁈

さて年明け早々始まるNHKの大河ドラマ『麒麟がくる』 様々なトラブルやら何やらいっぱいあって、下馬評ではずいぶん注目。 なんといっても主役の沢尻エリカの降板劇がずいぶんと注目された。 時代劇オタクの私としても、今現在の大河ドラマはただの1度も見た…

獅子舞 懐かしいお正月の神事

今ではほとんど見ることがなくなった獅子舞。 お正月と言えばこれなんだけどね。 多分、もう60年以上も前の話になるが、 北海道の日本海側の北の方。 私の生まれ育った小さな部落は地図にも載っていないような本当の田舎。 この丸印のついたあたり しかし、…

ロシアの地方大会でも底力を発揮した アンナシェルバコワ

女子のフィギアスケートではロシアの4回転を飛ぶ3人組の選手が今大注目。 正確に言うと、4回転で勝負しているのは2人。 アンナシェルバコワ アレクサンドラトルソワ この2人は15歳ながら男子と同じレベルで4回転ジャンプをこなす。 そして16歳ながら驚くほど…

加藤登紀子の歌を口ずさんだ青春

たまたまテレビで見かけた彼女の特集番組。 私が20歳の頃のよく聞いていた歌手と言えば、加藤登紀子をあげる。 私が20歳になった頃は、もうすでに学生運動はすっかりなりを潜めて皆おとなしい学生ばかりだったが、しかしその10年前と言うとちょうど学生運動…

村田涼太の底力を垣間見る

昨日の試合を見た人も多かっただろう。 日本人ボクサーは、どちらかと言えば軽量級のバンタム級クラスのランクが選手層が厚いんだけれど。 彼は数少ない重量級の選手。 ミドル級のチャンピオンは、過去に竹原慎二がいたくらい。 お名前.com 目次 かつてのオ…

全日本フィギアスケート 宇野昌磨復活

昨日はいよいよ女子に続いて男子の全日本のフィギアスケートが。 ショートプログラムで1位だった羽生結弦が予告通りに優勝できるのか、それとも際どく僅差で2位につけている宇野昌磨が逆転するのか。 リアルタイムで見させていただいたが、彼ら2人以外にも力…

クリスマス なんといってもケーキを食べるクリスマス

今週のお題「クリスマス」 クリスマスの思い出はいつ頃からだろうか? もちろん子供の頃の記憶なので私にとっては半世紀以上も前の話。 クリスマスがイエスキリストの誕生日を祝う行事と知ったのも小学校に入ってずいぶん経ってから。 クリスマスはケーキを食…

フィギアスケート日本選手権 女子たちの熱き戦い

たまたまうまい具合にテレビでやっていた放送を、リアルタイムで視聴できた日本選手権。 日本のフィギアスケートは男子女子ともに選手層が厚く、世界でもトップレベルの水準。 最近は、特に“紀平梨花”選手の躍進が大いに注目されるところ。 日本でも、ロシア…

共に歩んだ42年 私の中のスター・ウォーズ最新作を見終えて

最近ずっと話題でもちきりだった『スター・ウォーズスカイウォーカーの夜明け』。 待ちに待った映画を、今日先ほど朝一からの興行で見ることに。 見終わった感想を一言で言えば、“なるほどすげえ” すばらしいの意味も含めて、“すげえ”が私の第一の感想。 実…

私の止めることができないベートーベン愛

クラシック音楽ファンの私としては、実はクラシック音楽なら何でもいいというわけではない。 私の場合、好みか好みでないかは、伝わってくるか伝わってこないかで判定される。 大抵のものは伝わってくるのだが、“ウィンナワルツ”と呼ばれるジャンルだけは、…